なぎさの世の中教室

社会に興味のある中学生・高校生が対象。教科書の知識を活かしつつ、ニュースを読み解くためのヒントを伝えていきます。

目が離せない!東京都議選2017(概説) どうして新聞を読むのか

こんにちは。なぎさです。

今日は、今月23日に始まった東京都議会議員選挙の話。

中学・高校では、もう国政と地方政治の違いを学んでいるので「なんだよその自治体の選挙か。そんなに騒ぐほどじゃないだろう」なんて思っているかもしれません。

甘い!ほかの地域であればともかく、東京都政は国政と密接に絡んでいるのです。

「なんで?わたしには関係のない話でしょ」

いいえ。それが大いに関係あるのです。その理由を3回に分けて書いていきます。

全体としては次のような構成で。

(上)小池シアター開幕!

(中)都政と国政の不思議な関係

(下)なぎさインサイト

 

今後記事はテーマごとにだいたい3つずつに分けて書きます。最終回は私の個人的な見解。これは意見を表明するオピニオン的意味合いというよりも、「私はこういうふうに考えて結論を出しました」という例を見せるためのものです。

 

さて。このブログの目標とするところは、一言でいえば「教科書と新聞の橋渡し」です。

 

先日、朝日新聞の記事にもなっていましたが、20代のスマホ閲覧時間は1日平均2時間。新聞閲読時間は2分(びっくり!)だそうです。

もちろん新聞各社はインターネットでの情報発信にかなり注力していますが、恐らく有料記事を購読している人は20代の中でもかなり限られていると思います。だってどの新聞社も新聞紙の定期購読者に割を食わさないため、電子版だけの契約だとかなり割高な金額設定にしていますから。新聞を読まないということは、電子版も読まないということとほぼイコールと考えてよいでしょう。

スマホ閲読時間が長いからといって新聞記事を読んでいるとは限らない。新聞社が無料で提供する情報もその価値はたかが知れています。

わたしは中高生のみなさんに、ぜひ新聞を読んでほしいと思っています。なぜなら新聞に掲載されている記事は、ほかのありとあらゆるメディアや学術研究の世界の基盤となる広大な世界を持っているからです。

テレビのワイドショーも、書店で売られている新書も、あなたがタイムラインで目にしているオピニオン・ツイートなども、元をたどれば新聞記事が提供した情報をルーツとしていることが少なくありません。しかしそれらは誰かによって加工された状態の情報。ちょっと古かったり、ゆがんだりしていることも多い。

新聞を読むということは、情報の一番新鮮な状態に触れるということです。加工された情報でだまされるのを防ぐのには、最も有効な手段です。

もちろん新聞の情報も厳密にいえば、発表された情報に手を加えられているので「加工された情報」ですが、実際のテレビ番組や書籍や学術研究には、それらが加工に加工を重ねられた状態で使われてしまうのですから、それに比べればかなり軽度といっていいでしょう。

とはいえ、新聞を読むのは難しい。なぜか。前提知識が省略されていることが大半だからです。中高生が新聞をあまり好んで読まないのは、ひょっとするとここに原因があるのかもしれません。

そこで教科書や市販の本を読んだり、テレビを見たりして、「加工された情報」を使って知識を深め、もういちど新聞を読んでみるのです。「加工された情報」から「新鮮な情報」を読むことで、さらに見識は広がります。そのうち加工された情報の問題点も見えてくるようになります。

わたしはこの能力がメディアリテラシーと呼ばれるものの1つではないかと思います。

つまり、「加工された情報」を取り込むことで知識を広げ、「新鮮な情報」である新聞に立ち返って「加工された情報」の問題点を見つける力のことです。

みなさんはすでに教科書という「加工された情報」を使って、世の中の常識を身につけています。これからは新聞という「新鮮な情報」を読むことで、学んだことを点検していく作業に入ります。その道の先に「社会に対する見解」があると思います。それが民主主義を支えるうえで重要なちからです。自分の利益のみを考えて、世の中に対して異議を表明するだけでは、民主主義とは言えないとわたしは考えています。

ただ、教科書の知識だけで新聞を読み始めるのは難しい。そこでこのブログが、皆さんに補足の知識つまり「加工された情報」を提供していきます。ただしこのブログの記事はすべて皆さんに考える材料を与えるだけで、実際には皆さんが「新鮮な情報」にあたって考えていく必要があることを忘れてはいけません。

「教科書と新聞の橋渡し」とは、そういう意味です。

このブログを通じて、中高生の皆さんにメディアリテラシーを養ってほしいと思います。もちろん私も修行中の身です。一緒に歩みを進めていきましょう。

さあ、新聞を開いてみましょう。

 

次回以降、都議選に関して詳しい内容に踏み込んでいきます。